緑内障の対策と生活 » 緑内障予防にいい食べ物・食事って?

緑内障予防にいい食べ物・食事って?

最終更新日:2021年5月07日

緑内障の進行を抑えるため、治療以外に毎日の生活の中でできるケアがあります。その1つが食べ物です。目に良い成分を含む食べ物・悪影響となり得る食べ物について具体的にみていきましょう。

高い抗酸化力を持つアスタキサンチン

東北大学の研究により、65歳以下の男性において抗酸化力が低い場合、緑内障が重症化しやすいことが明らかとなりました。同大学が発表した内容について、要約してご紹介します。

東北大学の研究発表(要約)

緑内障は、日本人の中途失明の原因として最も多い病気。この緑内障の治療法として、現在、唯一エビデンスが明確となっているのが眼圧降下療法です。

ところが日本人の緑内障患者の多くは、眼圧が正常範囲内。そのため、日本人における緑内障の因子には、眼圧以外のものがあると推測されています。

この因子の一つとして東北大学は酸化ストレスに注目。体内に生じた活性酸素が自身で作り出す抗酸化力を上回ったとき、タンパク質や脂質、核酸などが阻害されて緑内障を誘発する、との推論を得ました。

この推論に基づく研究を進めた結果、65歳以下の男性において抗酸化力が低い場合、緑内障が重症化しやすくなることが判明。この研究成果が、今後の緑内障治療の一助となることが期待されています。

※参考:東北大学「2017年 | プレスリリース・研究成果 抗酸化力と緑内障重症度との関係を解明」

高い抗酸化力を持つことで注目されるアスタキサンチン

世の中には抗酸化力の高い成分が様々ありますが、それらの中でも、近年特に注目されている成分がアスタキサンチン。カロテノイドの一種で、鮭やエビ、カニなどに含まれる赤い色素成分です。

アスタキサンチンが持つ抗酸化力は、ビタミンCの6,000倍に相当するとも言われています。
今後の緑内障治療において、アスタキサンチンを始めとする抗酸化成分が、何らかの形で関与することが期待されています。

一重項酸素消去活性
溶媒:DMF/CDCl3 (9 : 1)※

ビタミンC

0.89

アスタキサンチン

5,400

β-カロテン

1,100

※参考:西田康宏『Astaxanthin: commercial production and its potential health-promoting effects』

アスタキサンチンの研究開発を行っているアスタリール

アスタリールHP

引用元:アスタリール株式会社HP

大学か民間企業かを問わず、多くの研究機関で研究が行われているアスタキサンチン。緑内障に限らず、人の様々な病気に活性酸素が深く関与していることが知られているため、今後ますますアスタキサンチンの研究が進められ、またその研究成果は注目され続けることでしょう。

注目の成分であるアスタキサンチンの研究を、20年以上にわたって行っている企業が、アスタリール株式会社。日本、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどに多くの拠点を置き、ひたすらアスタキサンチンに関する研究と商品開発を行っている会社です。

アスタキサンチンに関心のある方は、今後、随時アスタリールからのリリースに注目していくと良いでしょう。

なおアスタリールでは、アスタキサンチンに関する一般向けの解説サイトとして、「アスタキサンチンラボ」を公開しています。アスタキサンチンの魅力やデータが非常に分かりやすく説明されているサイトなので、関心のある方は、ぜひチェックしてみてください。

さらに詳しくアスタキサンチンを知りたい方は、アスタリールの公式HPを参照してみると良いでしょう。

アスタリール株式会社HPを見てみる

目に良い食べ物と
よく言われるベリーの成分は?

代表格はブルーベリー

ブルーベリーも目に良い食品というイメージが強くありますね。ブルーベリーは手に入りやすく、生食としてもジャムやヨーグルト、お菓子など身近な加工食品としても摂取しやすいため、日本人には身近な食品です。

ブルーベリーで
注目すべきはアントシアニン

ブルーベリーが目の健康サポートにおすすめされる理由は、強い抗酸化作用をもつポリフェノールの一種・アントシアニンを豊富に含むためです。アントシアニンは、摂取すると目の組織を中心に作用をします。

また、アントシアニンには複数の種類があり、食品によって含まれている数や割合が異なります。ブルーベリーには「シアニジン-3-グルコシド」が比較的多く含まれており、視力の低下を抑える作用が期待されます。

ベリー類をアントシアニン量で比較

アントシアニンを含むベリー類の果実はブルーベリー以外にも数種類あります。ここではブルーベリーとアサイベリーとカシスのアントシアニン量を比較してみました。

100g あたりの
アントシアニン含有量

ブルーベリー

89mg

アサイベリー

414mg

カシス

350mg

表からわかる通り、アサイベリーのアントシアニン量は豊富で、なんとブルーベリーの4.6倍!アサイベリーのアントシアニンは、抗酸化力の指標であるORAC値も高く、ブルーベリーの10倍以上であることがわかっています。

アサイベリーのアントシアニンは優秀

米国の大学が行ったアサイベリーのアントシアニンについての研究によると、アサイベリーを摂取した人の血中アントシアニン濃度は摂取後徐々に上昇し、数時間で最高濃度に到達するも、尿中への抗酸化物質の排出は増加していなかったという結果が得られました。

※参考:米国農芸化学・食品化学会誌

つまり、アサイベリーのアントシアニンは素早く持続性のある作用をもつということ。カシスについても、ニュージーランドの研究機関が行った研究によって、同様の結果が得られています。

アントシアニンには、シアニジンという成分も含まれます。視力低下を抑制する「シアニジン-3-グルコシド」、ピンと調整機能のサポートをする「シアニジン-3-ルチノシド」という化学構造の異なるシアニジンが存在し、前者はブルーベリーに、後者はカシスに比較的多く含まれます。アサイベリーにはこの2種類のシアニジンが両方とも含まれています。

しかし、残念ながらブルーベリーに関してはこうした科学的根拠がまだ乏しく、現段階では「ブルーベリー=目に良い」ということではなく、「アントシアニンは目の健康に作用する」というのが正しいようです。

アントシアニンは定期的な摂取が大切

アントシアニンは、水溶性の成分であるため、一定時間が経つと体外に排出されてしまいます。そのため、アントシアニンをしっかり取り入れるには、毎日コツコツと摂取することがポイント。そこでおすすめなのがサプリメントです。サプリメントは手軽で続けやすく、毎日一定量のアントシアニンを摂取することができます。緑内障のセルフケアや目の健康のためにアントシアニンを検討している人には特におすすめです。

そもそもアサイベリーって?

アサイベリーはブラジル原産の果実で、豊富な栄養を含むことからスーパーフードとしても親しまれています。アサイベリーには他のベリー類を大きく上回るアントシアニンが含まれており、その含有量はブルーベリーの約5倍、抗酸化力に至っては10倍以上です。

アントシアニンは水溶性の成分であるため、吸収率が低く短時間で体外に排出されやすいとされていますが、アサイベリーのアントシアニンは、臨床試験の結果、摂取後素早く作用を発揮し、持続性があることが明らかになっています。

アサイベリーにはアントシアニン以外にも、酸化ストレスから目の細胞や視神経を守るビタミンC、Eも豊富に含まれており、ビタミンCはレモンの約11倍、ビタミンEはうなぎの約3倍です。その他にも亜鉛などのミネラル類や不飽和脂肪酸、アミノ酸などもバランスよく含まれています。

こうした成分の作用によって、アサイベリーは緑内障による視野欠損の抑制が期待できると言われています。

ただし、生のアサイベリーは輸出禁止で、日本国内では手に入れることは困難であるため、加工食品の利用が一般的です。

アサイベリーの緑内障・目への働き

カシスと緑内障

カシスはアサイベリーには届かないものの、アントシアニン抗酸化ビタミンなど、緑内障の進行を抑える効果が期待される成分を豊富に含む果実です。

カシスには4種類のアントシアニンが含まれており、そのうち2種類はカシス特有のものとされています。

カシス特有のアントシアニンには、目の一時的な近視化、いわゆる「ピントフリーズ現象」を和らげたり、レンズである水晶体をコントロールする毛様体筋という筋肉の緊張をほぐしたりする働きが確認されていて、眼精疲労の緩和に役立つことが期待されています。

カシスの緑内障・目への働き

ブルーベリーの緑内障・目への働き

水分は関係ある?目に良い飲み物

水分はゆっくりと少しずつ飲む

日常の水分摂取量であれば緑内障に悪影響を及ぼすことはないとされています。ただし、喉が渇いた時などの一気飲みは眼圧を上昇させる可能性があるため控えたほうがよさそうです。500ml以上を一気に飲むとその傾向が現れやすくなるようですので、水分の摂取はゆっくりと少しずつを心掛けましょう。

コーヒーは適量で

カフェインを含む飲み物といってイメージされることが多いコーヒー。コーヒーを飲む習慣がある人の眼圧についての調査によると、コーヒーを全く飲まない人に比べて1日1杯以上のコーヒーを飲む人のほうが眼圧が低い傾向にあることが明らかになりました。

※参考:[PDF]わが国中高年者における生活習慣と眼圧の関係

しかし、一度に大量のカフェイン摂取は眼圧を上昇させる可能性もあるともいわれているようです。ここでいう大量のカフェインとは400mg程。このカフェイン量はコーヒー4~5杯に相当するもので、これを短時間に一気に飲んだ場合、眼圧に悪影響が及ぶ可能性があるということです。

カフェインの性質として、3~4時間で体外に排出されるため、適度な時間を空けた上での適度なコーヒーブレイク程度であれば、神経質になりすぎることはないといえるでしょう。

コーヒー以外にもカフェインを含む飲料は色々ありますので、チェックしておくとよいかもしれません。

カフェイン・コーヒーの緑内障や眼圧への働き

アルコールも適量!お酒を毎日飲む人は要注意

晩酌などでお酒を日常的に楽しむ人もいると思います。適量のアルコール摂取は血行を促進しますが、過度の飲酒や度数の高いお酒を習慣的に飲むことは、眼圧に悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

アルコール摂取頻度と眼圧の関係についての調査では、アルコールの摂取頻度が高くなるほど眼圧が上昇傾向にあること、アルコール摂取の多い男性で高眼圧の人が多いことが明らかになりました。

また、アルコールの摂取量を反映する肝機能値であるγ-GTPが高い人に高眼圧傾向があることも報告されているようです。

このようなことから、緑内障の進行を抑えるためには、必要があれば飲酒習慣を見直し、適量を楽しむようにこころがけることが大切といえるでしょう。

お酒好き必見!アルコール・飲酒と緑内障の眼圧の関係

緑内障に悪い食べ物は?

肥満レベルが高いほど高眼圧になる傾向が明らかになっており、脂質や糖質の過剰摂取にならないよう、バランスの良い食事を心掛ける必要があります。

糖分の多い食事は、カロリーが高くなり肥満を招くだけでなく、目の健康に働くビタミンB1の消費が多くなってしまい、緑内障の症状に悪影響となる場合があります。

緑内障に悪い食べ物をもっと詳しく

眼圧を下げる食べ物は?

柴苓湯(さいれいとう)という漢方薬は、眼圧のコントロールをサポートする薬効があるようです。ただし、柴苓湯は薬であるため、医師と相談の上必要に応じて処方してもらうようにしてください。

高血圧や高血糖があると、眼圧が上がりやすいことが調査によってわかっています。減塩と栄養バランスのとれた食事を心掛けるようにしましょう。

BMI指数(肥満度をみる数値)が25以上の人は、その程度に比例して高眼圧であることが調査によって報告されています。脂肪分や糖分の摂り方に注意し、栄養バランスのよい食事を心掛けることが大切です。

緑内障の眼圧を下げる食べ物をもっと詳しく

視神経を強くする食べ物は?

抗酸化力の高いアントシアニンを含むのが、ベリー系の果物です。そのほか、物をハッキリ見るために必要な成分であるタウリンが多く含まれる食材が、カキ・いかです。豚肉はビタミンB1の宝庫ともいわれる食材です。ビタミンB1は視神経の働きを促したり、眼精疲労を和らげたりする働きが期待される成分です。さばは、視神経など目の組織の主成分となるたんぱく質代謝に関わるビタミンB6を多く含んでいます。DHA・EPAもたっぷり含まれており、視神経の機能改善効果も期待されています。

緑内障の視神経を強くする食べ物をもっと詳しく