緑内障の対策と生活 » 緑内障患者の不安や悩み » 視野検査がつらい・疲れる…

視野検査がつらい・疲れる…

最終更新日:2020年4月15日

緑内障の検査で多くの人がつらい・疲れる…という視野検査。だからといって避けられるものではないのですが、大変なのは自分だけじゃないと思うと頑張れることはありませんか?ここでは、視野検査を受けた人の体験談や視野検査の必要性、検査のコツなどをまとめていますので、視野検査を受ける際の参考にしてみてください。

視野検査がつらいのはあなただけじゃない

緑内障100人に聞いてみた

視野検査で大変なことは?

「緑内障から目を守る」編集部が実施した、緑内障患者100名へのアンケート調査によると、半数の人が視野検査の時間の長さや集中力のキープに苦労していることが分かりました。(※2020年3月に株式会社アスマークにてインターネット調査)

検査時間の長さ 53
集中力が切れそうになる 43
疲れる 38
目を開け続けられない 32
目が乾く 29
自分が信じられなくなる・自信が無くなる 16
その他 2

つらい視野検査を乗り越える皆の声

目を開け続けるのがつらい

何度受けても神経が疲れる検査

7年前に緑内障との診断を受けてから、定期的な視野検査を年に3~4回受けています。しかし…この視野検査、何度受けてもつらいです。痛いとかいうのではなく、精神的につらい。点灯する小さな点が見えたら手元のスイッチを押すのですが、その点が実に微妙…。でも悩んでしまうと押しそびれてしまうし…はたまた自分が見えていないだけかもと思ったりも…。本当に神経を使う検査です。

※参照元:じょんたの日々雑記|緑内障の視野検査

視野検査は目の渇きと集中力との勝負

目が乾く…疲れてくる…集中力が切れてくる…ちょっと気を抜けば「まっすぐ前を見てください」と注意される…これが視野検査のつらいところです。

※参照元:難病と診断されてからの日々|視野検査はつらい

単純だけど目と心が疲れる検査

視野検査は、光が見えたらボタンを押すという簡単な検査なのですが、その光がほんの一瞬なので、瞬きしてしまうと逃してしまいます。見えないと不安になってくるし…ずっと見ていると目が乾燥して涙目になって余計に見えづらくなるし…単純だけどなんだか疲れる検査です。

※参照元:人生楽ありゃ苦もあるかあ?|目の診察

「緑内障から目を守る」編集部

私も年に1度、緑内障の定期検診に行きます。年に1回だけなのに、視野検査は憂鬱です…。自分のことが信じられなくなっちゃうんですよね。(編集部員:関口さん)

アンケート調査!
緑内障患者の不安や悩みとその対応

視野検査は疲れるけど大切な検査

視野検査の方法

視野検査は片目ずつの検査となりますので、片目を隠して行います。

  1. 暗室に入り、視野計の上に顎を乗せます。
  2. まっすぐ前を向き、中心を見つめます。
  3. 視野計からランダムに出る光が確認出来たら手元のボタンを押します。

検査時間は個人差がありますが、片目につき5~15分程度です。

緑内障に視野検査が必要な理由

負担が大きく人気のない視野検査ですが、それでも緑内障の人には必須とされる重要な検査です。緑内障は、ゆっくりとしたペースで進行し、自覚症状も出にくいのが特徴。そのため、定期的に受けることで、視野障害の状態をデータとして比較し、眼圧のコントロールに役立てることができる視野検査が重要とされているのです。

視野検査にコツはあるの?

多くの人がなかなか上手くできないという視野検査。ちょっとしたコツをご紹介します。

この3点を意識し、余計なことは考えず落ち着いて、とにかく「光ったと思ったら押す」ということだけに集中すると、視野検査が少し楽になるかもしれません。

視野検査とセルフケアで進行を抑える

緑内障の治療には欠かせない視野検査は、決して楽なものではありませんが、そこから得られるデータは、緑内障が進行しないよう、眼圧をコントロールする上で非常に重要なものです。大変でも定期的な視野検査はきちんと受けるようにしましょう。あわせて、日頃からのセルフケアも緑内障進行を抑えるためには大切ですので、眼圧を上げない生活も意識して過ごすようにしましょう。

関連ページ

緑内障から目を守る 進行を止める私たちの対策と生活

緑内障患者の不安や悩み
目薬を差し忘れたらどうなる?
目を酷使しない仕事へ転職も考える…
緑内障で車の運転は大丈夫?
緑内障でもプールに入れる?注意点は?
いつか失明するの…?
緑内障でコンタクトは使える?つける際の注意点は?
目を使わない趣味を始めようかな